意外にも消費税UP反対の本間元税調会長


本間税調会長にまた重大疑惑

この本間という人、政策の方針としては減税論者であるらしい。法人税の引き下げは、小泉−安倍と続く格差容認でとにかく企業を儲けさせて数字の上での景気をよくしようという方針どおりだが、意外にも本間氏は消費税率UPにも反対なんだそうだ。

与党や財務省は、将来の年金や福祉の財源は消費税を上げてこれにあてるしかないという論調で、逆進税の要素が強い消費税UPをやって当然という気配なので、しがない庶民の一人としてはありがたくない話だ。

政官のメインストリームがしみ 消すになっているなかで、安倍が引っ張りこんだ税調会長が消費税UP反対というのは、自民党の幹部や財務省にとってはなかなか苦々しいものだろう。

国家公務員宿舎に愛人と住んでいたというのは、まあ破廉恥なことではあるが、金銭的には年間でたかだか2〜300万程度のこと。公務員宿舎を使ったから恰好のスキャンダルになったわけだが、300万ぽっちの金、安倍が都合つけてやればなんとでもなるようなものを、300万で腹心のクビを取られるとは、実に無様なことだ。

これで安倍というか首相官邸は、教育再生会議を必修逃れ問題でガタガタにされ、スキャンダルで税調会長のクビを取られた。自民党総裁選では圧勝だった安倍だが、意外とその基盤は危ういものなのかも知れない。